安全に美容医療を受ける為

エステティシャン

医師の指示は必ず守り医師を信頼する事

小顔ボトックス治療は手軽で副作用なく美容効果を得る方法ですが、医療施術なのでしっかりと医師から伝えられた注意事項を守る事が大切です。小顔ボトックスで使用される注射針は非常に細く、傷跡が残る事はありません。しかし針孔はついているので、施術当日は血流を良くする行為を控える事が必要です。血流が良くなる事でその小さな針孔から出血する可能性があります。血流を良くする行為を数日は禁止する様医師より伝えられますが、出血以外にも理由があります。血流が良くなる事で腫れや赤みが現れやすくなるからです。特に小顔ボトックス治療はその名の通り周囲の方から見られやすい顔だからです。血流を良くする行為としてはサウナや運動、そして飲酒が挙げられています。また施術直後は特に変化はない治療方法であり、効果は1週間程で感じる様になり1か月程で安定します。気になるからと過度に触れたり揉んだりしたくても避ける必要があります。マッサージ等で刺激を加える事で注入した薬剤が広がり、狙った部位への影響を低下させ希望する結果が得られない可能性があるからです。特に一般的な日常生活動作に支障はないのですが、医師の指示は守る必要があります。

施術直後は医師の指示に従い、その通り生活する事が小顔ボトックス治療には必須です。医師は状態に合わせて薬剤の量を調整しているからです。小顔ボトックス治療を受ける為には美容クリニックを活用する事になりますが、一般的な受診よりもさらに濃く診察を受ける事になります。必ず行われるカウンセリングと呼ばれる問診及び診察であり、医師が状態と患者の希望を正確に把握する事から始まります。悩みを正確に把握し、希望に合う治療方法を提示して一緒に悩みの解消に向けて検討してくれます。ボトックス治療は有名になっており、その治療を最初から希望してカウンセリングを受ける方は多いですが、それも希望なので沿う様に検討してくれます。施術後の状態が希望に沿う様に薬剤であるボツリヌストキシンの量を決めていきますが、患者もまたカウンセリングでは隠さず医師に伝える事も大切です。継続して服用している薬や過去アレルギーがあったかどうかや、治療中の疾患の有無等必要と思われる報告は全て医師に伝える必要があります。美容医療の根底には医師と患者の信頼関係が必要だからです。施術後も気軽に相談できる体制を整えているので、違和感あった際はすぐに相談もできます。

Copyright© 2019 第一印象で勝負したい人が通るべき最短距離 All Rights Reserved.